ダイソーで見かけた画材、金額が衝撃的すぎる 専門家も「マジか…」と驚き

ダイソーで見かけた画材、金額が衝撃的すぎる 専門家も「マジか…の画像はこちら >>
日本が世界に誇る100円ショップの代表格といえば、やはり「DAISO」(ダイソー)が筆頭だろう。値段以上の商品と遭遇するケースも珍しくないが、ときには予想を遥かに上回るお得な商品と出会えることも。
ツイッター上では、ダイソー商品にまつわる「発見」が話題となっていたのをご存知だろうか。
注目を集めていたのは、油絵作家・倉持リネンさんが投稿した一件のツイート。
「ダイソーマジ?」とつづられた投稿には、ダイソー店内で撮影したと思しき商品の写真が添えられ、商品名は「ART CANVAS」(アートキャンバス)と確認できる。
美術・芸術関連に疎い記者(学生時代の「美術」成績は5段階評価で1~2)としては、「あっ。100円じゃなくて、300円なんだな…」という「小並感」しか浮かばなかったが、なんとこちらのツイートは6,000件以上ものRTを記録するほど話題を呼んでいるのだ。
ダイソーマジ?? pic.twitter.com/yXJV23jkrc
倉持 リネン (@linenkuramochi) June 29, 2021
こちらのツイートを受け、その凄まじさが分かるユーザーからは「絵描き大歓喜じゃん」「ダイソーはクリエイターの味方」といった反響の声が続出。

また美術関係者と思われる人々は「学生時代に出会っていたかった…」「学生のお財布に優しいですよね」「マジか…これで300円は本当に安すぎる」など、金額に関する具体的なツイートを発しており、画材を揃えるために、美術系の学生たちがいかに苦労を重ねてきたかが伺えるというものだ。
そこで今回は、話題のツイート主である倉持さんと、ダイソーを運営する「大創産業」の広報担当者に、詳しい話を聞いてみることに。なぜこちらの商品が、ここまでの注目を集めたのか、その理由が明らかになった。
「必要なものがあり、普段は行かない大きな100円ショップに行ったところ、たまたま見つけました」と、発見時の様子を振り返る倉持さん。「自分も学生だった頃、お金がなくて困った経験があったため『このように安くて実用的そうな商品はぜひ共有したい』という思いでツイートしました」と、投稿の意図を語ってくれた。
商品の金額については「日本で流通しているキャンバスは安くても同商品の3~5倍の値段はするので、やはりその安さに驚かされました」と振り返っており、比較の数値を見ただけで、倉持さんがいかに衝撃を受けたかが分かるだろう。
続いてダイソーの担当者に販売開始までの経緯を尋ねてみると、こちらの商品は昨年から販売開始になったばかりだという。
しかしダイソーの「アートキャンバス」の歴史自体はもっと古く、元々は「F3サイズ」が5年以上前から展開されており、今回話題になった「F8サイズ」と「F4サイズ」の販売が昨年から、というのが正確なところである。

こちらの展開については「従来展開のあったF3サイズだけでなく、他サイズの要望をお客様から頂く機会がありましたので、開発致しました」とのことで、ユーザーのリクエストに耳を傾けるダイソーの真摯な姿勢に思わず感動してしまった。
大いに話題となった同商品だが、ツイート投稿主の倉持さんは、あくまで「店頭で見かけただけ」で、購入には至っていないという。

というのも倉持さんは「油絵」が専門で、こちらの商品を店頭で見かけた際、「キャンバス布が麻でなく綿のようだ」「油絵を描く場合はジェルメディウム(絵具に混ぜて使用する添加剤)などで目止めをした上から下地を作るなど、ひと手間必要だな」と感じ、今回は購入を見送ったのだ。
なお「専門外ですが、恐らくアクリル画を描くならこちらの商品で問題ないと思います」というアドバイスも見られたので、こちらも参考にしてほしい。
原宿での展示が無事に終わりました足をお運び頂いた皆様、気にかけて下さった方々、8日間ありがとうございました!
お手紙や差し入れなども沢山ありがとうございます、大切にします
次回、10月に予定されてる個展に向けて制作頑張ります!これからも応援よろしくお願いします◎ pic.twitter.com/81HoRTQuJV
倉持 リネン (@linenkuramochi) July 18, 2021
ちなみに倉持さんはつい先日、東京・原宿の「原宿デザインフェスタギャラリー」にて、グループ展を実施したばかり。さらに10月いっぱいは新宿にて、自身初となる個展を開催するそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする