フリマアプリ取引後に雑談… その後のまさか展開に「平和すぎる世界線」と話題に

気軽にモノの売り買いができるフリマアプリ。相手に素性を明かさず取引できることも魅力の一つだが、取引中のなんてことのない雑談が生み出した「素敵な出来事」が話題になっている。
多くの注目を集めているのは、ツイッターユーザー・tubasa0823さんのある投稿。
フリマアプリでポケモンのプロモカード(特別なパック)「レックウザV」を販売したようだが、取引直後カードの価格が高騰してしまったという。
本来なら悔しい思いを抱きそうなものだが、tubasa0823さんはむしろ相手の先見の明を称賛。メッセージを送ったところ、購入者から「卵を送りましょうか?」という予想の斜め上を行く返答が届いたそう。
疑問を抱くtubasa0823さんだが、購入者が養鶏場を経営していると知り提案の意味を理解。その後、無事に卵を受け取ったというのだ。
ラクマでレックウザのプロモ3000円代で売ってその後高騰して相手にいい買い物されましたね…って送ったら卵送りましょうか?ってきてん???ってなった養鶏場経営されてる方で卵貰っちゃった美味かったら普通に金出してリピートしよかな pic.twitter.com/HQAow8D9Cb
tubasa0823 (@tubasa0823TN) July 12, 2021
フリマアプリ取引後に雑談… その後のまさか展開に「平和すぎる…の画像はこちら >>
取引後に商品の価格変動があれば、出品者と購入者に損得が生まれ二人の間には溝ができそうなものだが、むしろお互いに相手を思ったコメントをしていた本件。
投稿を受けて、「平和すぎる世界線」「心温まるやり取り」「あまりにもハートフル」「これは素敵ですね」「凄(笑)こんなことってあるんだ」とほっこりとした気持ちになる人が続出していた。
ただ、念を押すと今回のやり取りは密な対話の上に成り立っており、当然素性の知れない相手に対し住所等を提示するのは危険を伴う。トラブルを避けるために同様の行為は行わないべきだろう。

ツイートの投稿主であり、今回の取引の出品者であるtubasa0823さんに詳しい話を聞いたところ、今回取引したカードは「高騰した時は瞬間的に8,000円くらいまで上がっていました」と相場価格が倍以上になっていたのだとか。
卵を送ろうかというメッセージについては、当初「頭の中は『???』でいっぱいで理解が追いつきませんでした」とやはり驚いたそうだが、「プロフィールを見たら養鶏場を営んでいて納得しました」と提案の理由をすぐさま理解したそう。
届いた卵については「食べ比べの意味を込め、卵かけご飯で食べました。市販の卵と比べて味が濃厚でとても美味しかったです!」と嬉しそうに魅力を語ってくれた。

一方、卵を送った側、いわゆる件の取引の購入者である「花井養鶏場」の花井さんは、「購入させて頂いた後に価値が上がり、若干申し訳なかったのと、罪悪感がありました」と優しい性格をのぞかせ、「折角なので弊社の商品も知ってほしかった」と商品への愛情を感じさせるコメントも。
花井養鶏場は鶏の餌や飼育にこだわりを持っているそうで、卵は「臭みが少なく味の濃い」という、なんとも一度体験してみたい特徴を持つそう。
そこで、tubasa0823さんが卵の美味しさに感動していたことを伝えたところ、「喜んで頂けて良かった。個人的には日常を物々交換で生きられたらと考えてるので、少しだけそんな感覚になれたのは嬉しかったです」と両者とも温かい気持ちを抱いていたようだった。
そんな両者のコメントを受け、記者も自然と笑みがこぼれてしまったのは言わずもがなだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする