理髪店で雑談中の友人が目の前で突然倒れる 「無意識に体が動いて」心臓マッサージで救う

沖縄市内の病院で人工透析技師として働く高江洲裕さん(52)=写真左から2人目=は、8日、人命救助に貢献したとして、桑江朝千夫市長=同左端=から感謝状を贈呈された。高江洲さんは4月、友人男性(52)が営む理髪店で、目の前で倒れ心肺停止となった友人に救急車到着まで心臓マッサージを続けた。とっさの行動で友人は命が助かり、後遺症もなく6月に退院できた。
高江洲さんは4月20日、「仕事がたまたま早く終わったから」と、幼稚園児の頃からの友人が店主を務める理髪店に出掛けた。当時、店内には友人と高江洲さんだけで、散髪後に雑談していた時に友人が突然倒れたという。
看護師資格を持つ高江洲さんは、友人の心肺停止を確認。「無意識に体が動いていた」と、両手が使えるようにスマートフォンをスピーカーモードにして通報しながらすぐに心臓マッサージを始め、救急車が到着するまで約7分間続けた。その後、救急隊が電気ショックなどの処置を施し病院へ搬送した。
桑江市長から感謝状を受け取った高江洲さんは、友人が6月7日に退院したことを報告。その日は高江洲さんの誕生日だったといい「一番のプレゼントになった。本当に良かった」と胸をなで下ろした。
理髪店で雑談中の友人が目の前で突然倒れる 「無意識に体が動い…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする