永谷園のお茶漬けを有効活用? まさかの荒業に「やばたにえん」と反響

社会人に馴染みの深いネックストラップ。一般的に社員証や入室カードなどをぶら下げるのに使用されるが、ツイッター上ではまさかの使い方をしたネックストラップが話題となっている。
100均でクリップ付きネックストラップを買ってきてお好きなお茶漬かふりかけを挟むだけで、周りの人が怖がって一定距離を置くのでソーシャルディスタンスになります。オススメは永谷園。 pic.twitter.com/JH7ihVcYcP
丸越アピタ名古屋南店(公式清純派ヨゴレアカ) (@054758373) July 18, 2021
注目を集めているのは、丸越アピタ名古屋南店の店長(以下、店長)が運営するツイッターアカウント。
投稿には、「100均でクリップ付きネックストラップを買ってきてお好きなお茶漬かふりかけを挟むだけで、周りの人が怖がって一定距離を置くのでソーシャルディスタンスになります」と茶目っ気たっぷりのコメントがあり、さらには永谷園「お茶づけ海苔」をぶら下げた写真が添えられている。
商品パッケージに用いられている「黄色」「黒」は警告色ということもあり、どことなく近づくなという雰囲気もあるが、どっちかといえば美味しそう。こんな情報力の多いネックストラップを目撃したら、「え、なんで!?」と誰もが混乱することだろう…。
まさかの写真にネットでは、「さすがにやばたにえん」「これが天才か」「良い方法ですね」「爆笑して元気が出た」といった好意的な声が続出。
一方で、「熱中症対策の水分塩分補給に良いかも」「出先でお茶漬けが食べられる」「小腹が空いたら非常食にも…」など、意外にも実用的だというコメントもみられた。
さらには、永谷園の公式ツイッターアカウトからは、「斬新すぎません…? 社員でもやってる人を見たことがないです (ランチ時に白米の味変で使えそう…!)」と引用ツイートがあったので、もはや公認と考えても良いだろう。すごい。
永谷園のお茶漬けを有効活用? まさかの荒業に「やばたにえん」…の画像はこちら >>
話題のネックストラップは、じつは昨年6月に撮影されたものだという。
このアイデアは首に掛けるタイプの除菌グッズ「空間除菌ストラップ」が流行りだした頃に思いついたようで、「多くの人に付けるのを勧められたのですが、僕自身が効果に疑問があったので、『それならこれをつけるわ』と昼ごはんに食べる予定だった、お茶漬け海苔を付けました。さすがに(これと付けていれば)ソーシャルディスタンスにはならないですよね(笑)」と店長は笑いながら説明してくれた。
なお、お茶漬けを食べる前に自作したネックストラップを付けてみたが、着用した姿に笑ってしまい、すぐに外して昼食の準備に取り掛かったそう。
疑問に感じている人が多いであろう、永谷園の「お茶づけ海苔」が選ばれた理由については、「お茶漬けの中で一番美味しいと思ってるから」だという。
取材の最後に店長は、「永谷園さんは大ファンなので、ごめんなさいという感じです」と茶目っ気たっぷりに正直な気持ちを語ってくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする