感染改善ならパラ有観客も 菅首相が「ぜひ」意欲示す

菅首相は、8月24日に開幕するパラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染状況が改善した場合は、観客を入れて開催したいとの意欲を示した。
菅首相「私は、パラリンピックまでには、この感染状況が変わってきたら、ぜひ、有観客の中でというふうに思っています」
また菅首相は、23日に開幕するオリンピックについて、「若者や子どもたちに、夢や感動を与えられる最高の機会になることを期待している」と述べたほか、「日本の選手団には、持てる力を十分発揮して、最高のパフォーマンスを見せてほしい」とエールを送った。
そのうえで菅首相は、「感染防止に全力を尽くす」と強調するとともに、国民に対し、自宅でのテレビ観戦などを呼びかけた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする