「定年制」必要派は56.2% 何歳まで働くか

スタッフサービス・ホールディングス(東京都千代田区)は、「定年制」についての意識調査を実施した。その結果、「定年は必要」と考える人が56.2%、不必要と考える人が43.8%と賛否両論に。

また、「自身や自身の子どもが何歳まで働くイメージか」との質問には、「65歳」と答えた人がもっとも多かった。

自身にとって、一定の年齢で会社を退職する「定年制」が必要かどうかという質問に対して、必要派が56.2%(必要18.9%+どちらかといえば必要37.3%)、不必要派が43.8%(不必要10.7%+どちらかといえば不必要33.1%)で、賛否両論となった。

年代別では特に50~60代で不必要派の割合が高くなっており、フリーコメントでは「昔に比べて今の60歳はまだまだ若い。70代の方たちも現役で働いてる方がたくさんいらっしゃる」「元気な高齢者が増えているので、どんどん働けばいいと思う」などが聞かれた。

一方、新しい働き方や多様な働き方に好意的な傾向が見られる20~30代の若年層は、定年制の賛否が分かれる結果に。 20代では60.0%、30代では59.0%が「定年制は必要、あるいはどちらかといえば必要」と答えた。

フリーコメントでは、「定年を目標に働き続けることができるから」「若い世代への交代をかねて必要だと思う」などが聞かれた。

何歳まで働くイメージか
「自身が何歳まで働くイメージか」という質問に対しては、最も多かったのは「65歳」29.3%、次いで「66~69歳」21.0%、「70~79 歳」19.5%となった。同じ回答者に「自身が社会人としてはじめて働き出したときに何歳まで働くイメージだったか」と尋ねた質問では、「60歳」が38.9%でトップだったことから、ここ数十年の間に「人生100年時代」の考え方が浸透するなどして、働く期間が長期化した傾向がうかがえる。

子どもがいる人に、「あなたの子どもは何歳まで働くと思いますか?」との質問では、自身が働くイメージと同様、「65歳」が28.7%でトップ、次いで「66~69歳」「70~79 歳」となった。

調査では、スタッフサービス・ホールディングスの50歳以上の就労派遣スタッフ割合の伸び率にも言及していて、50~70代のすべての年代で増加。50代、60代は17年に比べ約1.5倍、70歳以上は3倍となった。

総務省統計局のデータでも、高齢就業者の増加傾向が顕著だ。2004年以降、16年連続で前年数を上回っており、19年は892万人と過去最多になった。

調査は、21年6月2日~6月7日にインターネットで実施。全国の20~60代男女1100人が回答した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする