通信4キャリア契約者に人気の高いポイントサービス、2位はTポイント、1位は?

消費者動向などを調査しているMMD研究所(東京都港区)は「2021年 通信会社と利用ポイントに関する調査」を実施した。調査よると、通信4キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)の契約者が最も利用するポイントサービスは「楽天ポイント」だったことが分かった。

2位はTポイント(15.3%)で、3位はdポイント(10.1%)。4位以下はPayPayボーナス(8.4%)、Pontaポイント(7.4%)、WAONポイント(6.0%)と続く。楽天ポイントは、ドコモを除く3キャリアすべてで利用するポイントサービスの1位となっている。Tポイントはソフトバンクと楽天モバイルで2位、ドコモとauで3位という結果に。

満足度の高いポイントサービスでも1位は楽天ポイント(87.0%)だった。5位となったTポイント(70.9%)に代わり、PayPayボーナス(80.6%)が2位。3位はPontaポイント(79.0%)、4位はdポイント(78.4%)の順。

楽天モバイル契約者はポイント対応店舗やサービス利用に積極的
利用しているポイントサービスに対応した店舗やサービスを選ぶ傾向が強いのは楽天モバイルの契約者で、72.3%が楽天ポイントを積極利用すると回答している。楽天ポイントは他社の契約者も積極利用しており、ドコモ(59.6%)、au(59.4%)、ソフトバンク(61.1%)ですべて1位だ。

「通信キャリアとの契約にポイントサービスが影響するか」との問いには、ドコモ契約者の61.0%、au契約者の54.6%、ソフトバンク契約者の46.9%、楽天モバイル契約者の70.8%が「とても重要で継続する理由になっている」「やや継続する理由になっている」と回答した。

逆に「特にポイントが理由にはなっていない」と答えた契約者が多かったのはソフトバンクで53.1%という結果に。

調査は、7月9~12日にインターネットで実施。通信4キャリア(ahamoを含むNTTドコモ、povoを含むau、LINEMOを含むソフトバンク、MVNOを含む楽天モバイル)を契約し、かつポイントサービスを利用している20~69歳の男女4000人を対象とした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする