購入するコンビニ弁当「500円以上」が増加 選定基準に変化が?

コンビニ弁当利用率は2年前より5%減少――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「コンビニ弁当の利用」に関する調査で分かった。同調査は今回で11回目。

コンビニ弁当を利用するか聞いたところ、全体の46.1%が月に1回以上利用すると答えた。2年前の調査では50.8%で、4.7%減少した。利用者比率は男性が高く、女性は若年層ほど比率が高かった。また北海道でやや高く、近畿や四国などで低い傾向だった。

購入する弁当の価格帯は、「499円以下」が64.9%、「500円以上」が33.7%だった。2019年の調査では「500円以上」の割合は、2019年の調査(26.8%)から6.9%上昇した。「499円以下」の割合が減少し「500円以上」を選ぶ割合が高い傾向は13年から続いていて、消費者は少し高くても良い商品を求めているようだ。

コンビニ弁当の選定基準は、最も多いのが「見た目がおいしそう・きれい」「価格」で4割前後、次いで「味」が30.6%、「健康に配慮している」「さまざまな種類のおかずが入っている」「野菜の量や種類が多い」が各2割弱だった。「全体の量が多い」は男性若年層、「肉が入っている」は男性30~40代で比率が高かった。「見た目がおいしそう・きれい」は女性、「野菜の量や種類が多い」「季節感がある・旬のもの」は女性高年代層で高かった。

直近1年間のコンビニ弁当を購入する頻度は以前と比べ変化したか問うと、購入頻度が増えたもしくはやや増えた人は7.9%、減ったもしくはやや減った人は13.8%だった。直近1年間にコンビニ弁当を購入した人(6割弱)に限定すると、頻度が増えた人は1割強で、10~20代や女性30代で他の年代より高かった。頻度が減った人は2割強だった。

コロナ禍による生活様式や需要の変化で、コンビニは一人前の総菜や多様な冷凍食品など、中食利用に対応した商品が多く登場した。コロナ禍の終わりが見えない中、今後もコンビニの需要に対応した動向が注視される。

今回の調査は、「MyVoice」のアンケートモニターを対象に、インターネットで実施した。期間は21年6月1~5日、有効回答数は1万143人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする