直近3年間で移住を経験した人、課題に感じていることは?

ビジネスSNS「Wantedly」を提供するウォンテッドリーは7月20日、コロナ禍における「移住と働き方に関する調査」の集計結果を発表した。直近3年間で移住を経験した人は20%だった。

移住の経験を尋ねたところ、回答者の20%にあたる395人が調査の時期から3年以内に移住を経験したと回答した(移動前後の居住都道府県が異なる移動を「移住」と定義)。

コロナ禍に入り移住者は増加し、21年6月の移住者は前年同月比で4.1倍となっている。年代別でみると若年層ほど比率が高く、20~24歳で25%、25~29歳、30~34歳で各23%という結果だった。

移住した理由

移住した理由の1位は「テレワーク主体の働き方になり、家賃が高い都心に住む理由がなくなったため」(26%)で、2位に「実家の近くに住みたいと考えたので」(22%)、3位に「自然が多い場所に住みたいと考えたため」(21%)が続いた。

移住して良かった点を聞いたところ、「家賃などの生活コストが下がった」(42%)がトップ。以下「生活のペースがゆっくりになった」(39%)、「満員列車に乗らなくて良くなった」(35%)と続いた。

移住して課題に感じる点

移住して課題に感じる点の1位は「知り合いがいないのが寂しい」(39%)。2位が「都心と比較して仕事が少ないので、今後のキャリアが不安」(27%)、3位が「車がないと何も出来ないのが面倒」(21%)という結果に。生活するうえでの金銭コストや時間に余裕が出る一方で、先々のキャリア構築に対する不安の声があがった。

直近3年間で移住をしていない1442人に「移住を検討したか」を聞いたところ、24%にあたる340人が「移住を検討した」と回答した。検討の理由は実際に移住した人と同様で「テレワーク」「自然が多い場所」「実家の近く」が多かった。

検討をしたものの移住しなかった理由の1位は「アフターコロナで会社の方針がどうなるか分からずまだ動く時ではないと考えたので」(48%)、次いで「今の職場から移住先からリモートで働くことが認められなかったため」(23%)、「収入が減り、引っ越しする余裕がなくなったため」(19%)だった。

調査はビジネスSNS「Wantedly」のユーザー1968人を対象に、6月30~7月6日に実施した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする