【速報】選手や関係者 12人の感染確認 大会組織委が発表

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、選手や関係者12人の感染が新たに確認されたと発表した。
発表によると、感染が新たに確認された選手や関係者12人の内訳は、海外から来日した選手が2人で、いずれも選手村に滞在している。
また大会関係者は4人で、うち2人が選手村に滞在中のほか、日本に在住している委託業者6人の感染が確認された。
組織委員会が陽性だと発表した感染者は、海外と国内あわせて87人となった。
また、濃厚接触者として新たに認定されたのは18人で、選手の濃厚接触者として、7人が確認された。
国籍は明らかにされていない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする