鳩山由紀夫氏、五輪ボランティアの現状に「この国では五輪を通じて自発的奉仕の精神は益々衰えてしまうだろう」

鳩山由紀夫元首相が22日、自身のツイッターを更新。開幕まであと1日と迫った東京五輪のボランティアの現状について私見を述べた。
この日、「都が五輪の従来の仕事が無くなったボランティア3万人に対し、約束した『新たな活動』の連絡をしていないという」と書き始めた鳩山氏。
「その杜撰(ずさん)さも話にならないが、そもそも大学の授業の単位として義務付けられたボランティアはボランティアではない。この国では五輪を通じて自発的奉仕の精神は益々衰えてしまうだろう」と厳しい筆致でつづっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする