台風6号、宮古島の近海からほとんど動かず 沖縄本島で強い雨【22日正午】

大型で強い台風6号は22日正午現在、宮古島の南南東約180キロにあって、ゆっくりと南南西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。沖縄本島地方の沿岸の海域では25日にかけて大しけや猛烈なしけとなり、24日にかけて非常に強い風が吹く見込み。本島中南部では22日、台風の影響で時折強い雨が降っており、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。
台風は発達しながら宮古島地方の南東の海上を南西に進み、その後、進路を北西に変え、24日にかけて非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込み。沖縄本島地方では、23日は多い所で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがある。
23日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で80ミリ。
台風の接近と大潮の時期が重なっているため、気象台では23日にかけて沖縄本島の海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意を呼び掛けている。
予想される最高潮位(標高)と高潮に注意が必要な期間
本島中南部 1.6メートル 22日夕方から22日夜のはじめ頃
1.7メートル 23日未明から23日朝
本島北部 1.6メートル 22日夕方から22日夜のはじめ頃
1.7メートル 23日明け方から23日朝
久米島 1.6メートル 22日夕方から22日夜遅く
1.8メートル 23日未明から23日朝

台風6号、宮古島の近海からほとんど動かず 沖縄本島で強い雨【…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする