沖縄県元副知事の新垣雄久さん死去 91歳

沖縄県平和祈念財団会長で元副知事の新垣雄久(あらかき・たけひさ)さんが21日午後8時39分、病気療養中のところ那覇市内の病院で死去した。91歳。与那原町与那原出身。自宅は那覇市楚辺。告別式は24日午後4時から5時、与那原町与那原3090の4、与那原カトリック教会で。喪主は妻の文子(あやこ)さん。
知念高校から法政大学に進み1957年、琉球政府に入庁。県総務部長や教育長、出納長を経て、87年1月から89年1月まで、副知事として西銘順治県政を支えた。
退任後も、沖縄振興開発金融公庫副理事長、沖印友好協会会長、県社会福祉協議会会長などを歴任した。
2000年に勲三等瑞宝章(地方自治功労)。
沖縄県元副知事の新垣雄久さん死去 91歳の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする