下半身露出で逮捕 東京・豊島区のワクチン担当

区役所のワクチン接種担当部長が、下半身を露出し、現行犯逮捕。
東京・豊島区のワクチン接種担当部長・直江太容疑者(55)は22日未明、埼玉・富士見市の路上で下半身を露出していたところを、通行人に目撃され、駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。
直江容疑者は、いったん近くの公園で警察官に発見されたが、その後、逃げ込んだマンションの敷地内で身柄を確保された。
調べに対し、直江容疑者は「公園でズボンとパンツを脱いでいたことに間違いありません」、「スリルを感じたかった」と容疑を認めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする