先島諸島接近、暴風高波厳戒=大型で強い台風6号―気象庁

大型で強い台風6号は22日、沖縄県・先島諸島に接近した。24日にかけて非常に強い勢力で最接近し、猛烈な風やしけが予想されるほか、非常に激しい雨で土砂災害や低地の浸水が起きる恐れがある。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けた。
宮古島では22日午後10時5分すぎに最大瞬間風速31.3メートルを観測した。先島諸島で23日に予想される最大瞬間風速は65メートル、24日は40~60メートル。波の高さは23日が11メートル、24日が10メートル。
24日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で250ミリ。その後、25日午前0時までの同雨量は200~300ミリ、26日午前0時までの同雨量は50~100ミリ。
6号は22日午後10時、宮古島の南南東約150キロの海上でほぼ停滞した。中心気圧は955ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径500キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする