強い台風6号、沖縄本島に最接近 沖縄全域で停電1020戸【21日午前5時】

強い台風第6号は21日午前3時現在、沖縄本島中南部と本島北部に最も接近している。台風の暴風の影響で、沖縄県の南城市糸数では午前3時28分に最大瞬間風速32.3メートル、那覇市で午前4時29分に同25.6メートルを観測。同日5時25分現在、沖縄県全域で1020戸が停電している。内訳は本島北部980戸、本島中部30戸、南部10戸。
台風は21日午前3時、那覇市の南約230キロにあって、1時間におよそ15キロの速さで西南西へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径185キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。沖縄気象台は、同日午前4時までに本島北部の暴風警報を解除し、強風注意報に切り替えたが、引き続き強い風への注意を呼び掛けている。
沖縄本島地方では、22日にかけて1時間に40ミリの激しい雨の降る所がある。台風の進路によっては、22日にかけて警報級の大雨となるおそれもある。気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。
台風の接近と大潮の時期が重なっているため、本島中南部と本島北部では、21日は海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意が必要。予想される最高潮位(標高)は、本島中南部・北部で21日夕方から夜のはじめ頃に1.5メートル。
強い台風6号、沖縄本島に最接近 沖縄全域で停電1020戸【2…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする