秋元司被告 改めて無罪主張 「起きるはずのないことばかり」

IR汚職事件の裁判で、衆議院議員の秋元司被告(49)は最終意見陳述で、「起きるはずのないことばかり」と、あらためて無罪を主張した。
秋元司被告「これまで述べてきた事実を、しっかりと伝えていきたい」
秋元被告は、IR参入を目指す中国企業側から、およそ760万円相当の賄賂を受け取ったほか、裁判でうその証言をする報酬として、現金を渡そうとした罪に問われている。
最後の意見陳述で秋元被告は、「検察は、執拗(しつよう)に自白を迫ってきた」と検察側を批判し、「起訴内容は起きるはずのないことばかり。客観的な証拠に基づき、正しい判断をお願いします」と、あらためて無罪を主張した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする