20代でも加入しておくべき保険って何かあるの?

自分はまだ20代で健康だから、保険が必要なのか疑問と感じる人も多いのでは?しかし若くても、病気やケガに備えることは必要です。

まだ貯蓄が十分にない人も多いでしょうから、治療が長引くと経済的に困窮するリスクもあります。今回は20代でも保険に加入すると良い理由、おすすめの保険について解説します。

20代でも病気やケガへの備えは必要
20代は健康状態が良い人が多いため、保険と聞いてもピンとこないかもしれません。しかし急な事故・事件に巻き込まれたり、病気にかかったりするリスクはあります。

働けなくなってしまったときには傷病手当金という公的な補償を受けられますが、毎月受け取れるのは月給の2/3ほどの金額であり、月々の生活費を完全に補うことは難しいです。

最悪の場合は、解雇・雇い止めとなるリスクもゼロではありません。業務に耐えられない・他の仕事に配置転換できないとみなされたり、業務に関係ないケガ・病気であったりすると解雇になる可能性があります。
20代が加入すると良いのは医療保険・就業不能保険
20代はあまり貯蓄がない人も多いです。治療期間や復職するまでの時間が長くなると、経済的に困窮するかもしれません。

まずは病気・ケガによる入院・通院に備える医療保険を検討しましょう。20代なら毎月の掛け金は少なくて済むのもメリットです。

また、就業不能保険もおすすめで、働けなくなったときに毎月保険金を受け取れます。掛け金は20代なら毎月1,500円~3,000円ほどが相場です。

医療保険ではカバーできない日常の生活費をまかなえますので、傷病手当金などと合わせて受け取れば、安心して治療に専念できます。

ただし就業不能保険は、精神疾患は支払いの対象外となっている場合もあります。支払い条件は良くチェックしておきましょう。

自分がストレスに耐えられるか心配な方、職場でストレスが多いと感じている方は、精神疾患も補償されるタイプを検討するのがおすすめです。
独身なら死亡保険は最低限で問題なし
20代では独身の方が多く、その場合は子供や配偶者へ残すお金を考慮する必要はありません。死亡保険は、自身の葬儀代や身辺整理代ぐらいをカバーできるぐらいの分で十分でしょう。

ただし両親など家族を経済面で支えている方の場合、自身が亡くなると家族が困窮することから、死亡保障額はやや多めに設定しておくのが良いです。

安藤真一郎 あんどうしんいちろう マーケティング会社に勤務した後、フリーランスのライターに転身。 多種多様なジャンルの記事を執筆するなかで、金融リテラシーを高めることや情報発信の重要性に気づき、現在はマネー系ジャンルを中心に執筆している。 ライターとして、知識のない人でも理解しやすいよう、かみくだいた文章にすることが信条。 ファイナンシャルプランニング技能士2級、日商簿記検定2級取得。 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする