コロナや台風いろいろあるけど負けないぞ! きょうから夏休み 沖縄の小中学校

沖縄本島北部や離島などの小中学校で20日、終業式が行われ、夏休みに入った。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で6月、中南部を中心に臨時休校となった学校は、夏休みが数日~1週間ほど短縮され、22日から順次休みに入る。名護市の一部の学校など、台風6号の影響で21日に予定していた終業式を1日前倒したところもあった。
本部町立伊豆味小中学校(比嘉克章校長)では20日、児童生徒5人が1学期の振り返りと2学期の抱負を発表。中学3年の福田天芯さん(14)は「文武両道が目標。やるべきことをやり、楽しむところは全力で楽しんで2学期も頑張りたい」と意気込んだ。
教室では教諭が夏休みの過ごし方などを説明した。初めて「よい子のあゆみ」をもらった小学1年の名越悠真さん(7)は「算数を頑張った」とにっこり。校内で見つけた虫の図鑑作りにも熱心に取り組んだといい「夏休みは宿題も虫取りもしたい」と話した。
比嘉校長は「休みの間は思い出をつくって、2学期に元気な姿で会いましょう」とあいさつした。
コロナや台風いろいろあるけど負けないぞ! きょうから夏休み …の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする