夏休み旅行、約8割が「行かない」――その理由は?

JTBは、2021年夏の旅行動向見通しを発表した。7月20日~8月31日の夏休み期間に国内旅行を予定している人は推計4000万人で、前年比では5.3%増。コロナ禍前の19年夏と比較すると、44.8%減を見込む。

旅行動向見通しは、アンケートや経済指標、業界動向、予約状況などから推計。JTBが全国1万人を対象に実施したアンケートでは、夏休み旅行に「たぶん行かない」「行かない」と回答した人が計80.2%で、残りの計19.8%は「行く」「たぶん行く」とした。

旅行に行かない理由は「まだ不安があるから」(45.1%)が最も多く、次いで「新規感染者数が減っているとは言えない状況だから」(37.1%)、「第5波が心配だから」(31.1%)となった。

旅行に行くと回答した人の予定日数は「1泊」(41.9%)が最も多く、次いで「2泊」(29.6%)、「3泊」(15.3%)。3泊までの旅行が全体の86.8%を占め、コロナ禍前の19年(84.3%)より2.5ポイント上昇し、短期傾向が強まっているようだ。

行き先は旅行先と居住地が同じ圏域内旅行の割合が高く、地元または近隣へ行く「マイクロツーリズム」を選択する傾向が見られた。

1人当たりの平均費用は3万3000円
JTBの試算では、21年の国内旅行消費額は1兆3200億円。20年比で8.6%増、19年比で50%減となる見通し。1人当たりの平均費用は3万3000円で、20年比で3.1%増、19年比で9.6%減。旅行者数は20年から増加するも、夏休み期間中に東京都と沖縄県に緊急事態宣言が発令されている影響などもあり、回復は限定的になると予想している。

アンケートは7月5~9日、全国15~79歳の男女を対象にインターネットで実施。サンプル数は事前調査1万人、本調査1030人。例年は夏休み期間を7月15~8月31日としていたが、国の方針および東京五輪の観客受け入れ方針の決定を待ち、7月20日~8月31日に変更した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする