4歳の娘からのプレゼント、なぜか炎上騒動に… 突然の「中傷」に疑問の声も

ツイッター上では、日々なんらかのツイートが大きな話題を呼んでいるもの。今日もどこかで、いわゆる「バズりツイート」が誕生していることだろう。
しかしときには、こうしたツイートが「投稿者の意図」とは異なる形で曲解されてしまうケースも決して少なくないのだ。
14日、ツイッターユーザーのなべさんは、2枚の写真が添えられたツイートを投稿。
4歳の娘からのプレゼント、なぜか炎上騒動に… 突然の「中傷」…の画像はこちら >>
本文には「最近コロナ貧乏アピールばかりしていたら昨夜4歳娘が『パパこれお仕事に持っていきな』と言って、ささっと作った手作り財布に全財産を放り込んで差し出してきた」とつづられており、写真を見るとそこには、やや厚手の用紙で作ったと思しき長財布が確認できた。
こちらの長財布の中には決して少なくない量の「十円玉」「一円玉」といった小銭が入っており、なべさんは「24時間ほど経ったけどまだ泣いてる」と、娘の微笑ましい気遣いに感動した様子をみせている。
こちらのツイートは投稿から数日で3,000件以上ものRTを記録しており、他のユーザーからは「優しい…なんて良い子なんでしょう」「FF外から失礼致します。良い娘さんですね」「純粋にパパの喜ぶ顔が見たかったんだと思います」など反響の声が多数寄せられていた。
…と、ここだけ見れば非常に心温まる話なのだが、事態は思わぬ方向へ進みだす。今回の取材を快諾してくれたなべさんに詳しい話を聞き、話題のツイートに寄せられたその他のリプライを確認すると「ツイッターの闇」とも呼ぶべき、驚きの光景が姿を見せ始めたのだ。

前述の通り、なべさんのツイートには「微笑ましさ」と「優しさ」を感じさせる娘の行動に胸を打たれたユーザーからの声が多く上がっていた。しかし一方で、ツイート本文に記された「貧乏アピール」という文言が、一部のユーザーたちの目に留まりだす。
そうした人々は、こちらの表記に対して「貧乏人は子供を産まないでください。虐待ですよ」 「貧乏アピールは経済的虐待として捉えるべき」 「今後、欲しいものが素直に欲しいって言えなくなっちゃいそうでかわいそう」「親が貧乏貧乏言ってると、子供が夜職を始めますよ」といった非難の声を上げていたのだ。
中には「自分は家が貧乏だった」「子供の辛さが分かる」といった内容の、いわゆる「自分語り」を始めるユーザーも少なくなく、心温まる「娘のかわいいエピソード」というなべさんの本来の意図が、一部の人々からは完全に曲解された形で受け取られてしまうことに。
なお、こうした批判が寄せられるより前、なべさんも「貧乏アピール」という表現があまり好ましくないと感じたため、「子どもへの貧乏アピール良くないです。先に謝っておきます」「お金も全部栄一に育てていつか返しますです」とつづり、件のツイートに「シビアな意図はない」と伝えるためのやや戯けた口調でのツイートを投稿している。
2024年より一万円札の顔に改められる「渋沢栄一」と絡めたジョークなのだが、一部ユーザーからは「今すぐ返せ」「こんなところで謝らず、子供に謝れ」など、心ない言葉が浴びせられる事態に。

なべさんはその後、「昨日の投稿もの凄く荒れていて、ご迷惑お掛けしている方も不快な思いをさせてしまった方もいるかと思います。申し訳ございません」と改まった口調でのツイートを投稿。
「詳細な説明が必要かと思いましたがあまりに長文になりそうなので、こちらに質問や意見を受け付けて順次回答させて頂きます(攻撃的な表現はお控え下さい)」と、非難の声を上げる人々に対して歩み寄る姿を見せたのだが、それでも「対話」や「質問」でなく、一方的な「中傷」を続けるユーザーは後を絶たなかった。
と、ここで記者は改めてなべさんに「なぜ娘は手作りの財布をくれたのか?」という点について尋ねてみる。

どうやらなべさんの方でも「なぜ財布をくれたのか?」「なぜ『お仕事に持って行って』なのか?」といった点は図りかねるようだが、「とにかく何かを心配してくれたことは感じ取れたので、心温まるかわいいエピソードのつもりで投稿しました」「それに際し、一体何をきっかけにくれたのかを考えてみて、思い浮かんだのは『お金がない』とどこかで口にしたかなということで、導入としては分かりやすいだろうということも踏まえて『コロナ貧乏アピールばかりしていたら』という出だしを用いました」と、振り返っていた。
また、こちらの「コロナ貧乏」というフレーズが批判を招く要因となったことは実感しつつも、「私に対し、誰かが暴言や誹謗中傷を投げて良い理由にはなりません」と、冷静に主張している。

「勤め先がコロナのあおりを受けており、私には多少の収入減がありました」と、今回の「コロナ貧乏」の件について振り返るなべさん。
しかし家庭では妻も正社員として勤めていることもあり、「家計には大きな影響はなく、ただ私が小遣いとして好きに使う分を多少抑えている、といった程度のもので、こうした発言をどこかで『貧乏』と表現したものを、娘が覚えていたのかと思います」とも分析していた。
娘が財布をくれた意図について、なべさんは本人に確認していなかったそうなのだが、今回の一件を切っ掛けに質問してみたところ「娘はケロッとしていて、もうほぼ(財布を)あげた状況も心境も覚えてませんでした」とのことで、財布を渡した娘自身も「特別なこと」とは考えていなかったことが分かる。
前述の通り、多くの人々を感動させただけでなく、期せずして「非難の的」にもなってしまった今回のツイート。
娘の行動に「感動した」というユーザーの多くはなべさんに直接リプライを送っているのに対し、「貧乏アピール」という点を槍玉にあげている人々の大半は引用RTという形態で非難の声を上げていた印象を受けた。また、そうした声を上げるアカウントの中には開設したてのものも少なくなく、「2021年7月からTwitterを利用しています」という表記が妙に印象的である。
しかしなべさん及び、娘の心境を汲んだ多くのユーザーからは「娘さんの優しさにパパが涙した。それでいいやないか」「え、これって虐待なの? 普通に子供の優しさジーンてきたけど」「これの引用が荒れてるのが謎すぎる」など、擁護や疑問の声が多数上がっているのも事実。

さらには「自分の育った環境を投影させている人が多すぎる」 「虐待されてた人とかが自分の経験から過剰に反応してるけど、自分が辛かったからって、何でも似てるだけで悪い方に結びつけるのやめたほうが良いよ」といった具合に、ツイッター特有の闇に首をかしげている人も少なくない。
なお、続発で投稿された「お金も全部栄一に育てていつか返しますです」というツイートはなべさんの真意で、「娘から温かみのある贈り物をもらい、この財布の中身を全て一万円札に変えて、娘が大きくなった時に渡そうという考えております」「その頃、娘は財布のことなど忘れていると思いますが…『昔パパにくれたんだよ』ということを話して、ずっと取っておいた4歳時の手作り財布にお金を入れて渡そう、そのお金は随所で必要なお金とは全く別の、好きに使えるお小遣いにしてほしいと、そんな気持ちで思い立ち、今回ツイートしました」と、未来への展望を語ってくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする