「匂いを嗅ぎたかった」41歳男、工事現場から靴やズボンを盗み逮捕

北海道札幌市内で、工事現場の事務所に侵入し、靴やズボンを盗んだとして、41歳の男が建造物侵入および窃盗の疑いで逮捕された。

警察によると、男は7月3日夜、札幌市北区の工事現場事務所に侵入すると、作業に使う靴やズボン、4点を盗んだ。機械警備システムが作動し警報アラームが鳴ると、一目散に逃げていったそうだ。

>>40歳男、スポーツクラブ男性従業員のシューズを盗み逮捕「匂いを嗅ぎたかった」と供述<< 警察は防犯カメラの映像などを解析し、札幌市手稲区に住む内装工の41歳男を19日に逮捕する。さらに、関係先を捜査したところ、盗んだと見られる物品も発見し、押収している。取り調べに対し、男は「匂いを嗅ぎたくて盗んだ」と容疑を認めている。ちなみに、男が3日に盗んだ靴や作業ズボンは、いずれも同一人物のものだった。 工事現場の靴やズボンは、汗の匂いが染み込んでいることも多い。そんな匂いを好み「嗅ぎたかった」と話した男に、「変態の中でもかなり上級。男の汗の匂いを嗅ぎたい男って、初めてではないか」「物凄いインパクトを受けた事件。怖いを通り越している」「嗜好は人それぞれと言うけれど、こんなのは聞いたことがない」「めちゃくちゃ匂うと思うんだけど…」などの驚きの声が上がる。 また、「自分のでよければ売ってあげたい」「要らなくなった作業着を引き取ってくれるなら、無料でもお願いしたいくらい」「工場勤務だけど、夏は自分でも嗅ぎたくないくらい臭くなる。それを嗅ぎたいなら、工場で働いてみてはどうか」などの指摘も。 そして、「盗むのはダメだろ」「作業着や靴がないことで仕事ができなくなるんだよ。身勝手すぎる」という怒りの声も少なくなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする