「中世の日本みたい」ロシアの指摘に早急対応へ 選手村の部屋に冷蔵庫・TVなし

東京オリンピック・パラリンピックの選手村について、ロシアのメディアが、部屋に冷蔵庫やテレビがないなど、設備の不足を指摘した。
大会組織委員会は、早急に対応するとしている。
20日に行われた会見で、ロシアのメディアが選手村の部屋に冷蔵庫やテレビがなく、フェンシングの監督が、「中世の日本みたいだ」と批判していたと設備の不足を指摘した。
冷蔵庫やテレビなどは、国・地域ごとに組織委からレンタルするシステムとなっているが、橋本会長は、「しっかり準備してきたが、まずはロシアチームに確認する」と早急に対応する考えを示した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする