蓮舫氏、菅首相のコロナ対策に疑問「総理にだけ見えている出口。専門家の重い指摘にも全く応えない」

立憲民主党の蓮舫参院議員が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大が危惧される中の菅義偉首相の感染症対策への姿勢に疑問を呈した。
この日、五輪開幕を直前に控えた東京都内の感染状況について、都の専門家ボード座長を務める東北医科薬科大学・賀来満夫特任教授が「これまでで最大の危機を迎えている。東京都の感染状況は1日の感染者3000人超の可能性がある」と警鐘を鳴らし、しっかりとマスクをつけて人と人が出会う機会を少なくするなど、対策を取るよう訴えたという記事を貼り付けた蓮舫氏。
「『ワクチン接種も始まり、長いトンネルにようやく出口が見え始めている』専門家の重い指摘にも全く応えない菅総理」と指摘すると、「総理にだけ見えている出口について質したい。臨時国会開会を強く求め続けます」と決意を新たにしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする