日米独のオーラルケア事情 口臭対策に自信がある日本人は米国・ドイツの半分以下

おいしい食事や楽しい会話には歯の存在が欠かせない。ところが、日本人は歯と歯茎の健康を維持するためのオーラルケア意識が低く、口臭対策に自信がないことがパナソニックの調査で判明した。

口臭対策に「とても自信がある」「やや自信がある」と答えた日本人は19.0%にとどまった。ドイツ人(79.0%)と米国人(68.0%)の半分以下という結果だ。同社は「日本では、口臭の原因を正しく理解していないため、効果的なオーラルケアを実践できていないことが、口臭対策への自信のなさにつながっているのかもしれない」と分析する。

口臭対策について「とても意識している」と答えたのはドイツ人が74.0%、米国人が54.0%に対し、日本人は32.0%だった。日本人のオーラルケア意識の低さは投資額にも表れており、ケア用品の購入や歯科通院、クリーニング、ホワイトニングといったメンテナンス費が年間3000円未満という日本人が37.0%もいる。

歯周病予防策でも日本は遅れている?
歯周病予防策としては各国ともに「丁寧なブラッシングをする」が1位に挙げられた。しかし米国やドイツでは「歯周病対策効果の高い歯磨き粉を使う」「歯周病対策効果の高い洗口液を使う」など、さまざまな予防策が実践されているのに対し、日本は「丁寧なブラッシング」以外の対策はすべて30.0%を割る結果となった。

歯周病予防策としては、歯面清掃に加えて歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)の清掃も重要だが、日本ではまだまだブラッシング以外の方法が浸透していないことが分かる。

初対面の人と会うときに、相手のどこをよく見ているかについて、「歯(歯並びや色)」の回答は日本人で5位。これに対しドイツ人は60.0%で1位、米国人は43.0%で2位となっており、外見における歯の意識の違いが浮き彫りになった。

調査は日本、米国、ドイツの20~69歳の男女300人(各国100人)を対象にインターネットで実施した。期間は2021年6月17~25日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする