筧被告の死刑確定=青酸連続死―最高裁

京都、大阪、兵庫で起きた青酸化合物を使った連続不審死事件で、高齢男性4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(74)の死刑が21日までに確定した。最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)が16日付で、死刑判決に対する被告側の訂正申し立てを棄却する決定をした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする