茂木健一郎氏、五輪反対派に異論 「ノイジーマイノリティのほうがうんざり」

茂木健一郎氏、五輪反対派に異論 「ノイジーマイノリティのほう…の画像はこちら >>
脳科学者の茂木健一郎氏が21日、自身の公式ツイッターを更新。東京五輪の開催についての私見を述べている。
茂木氏は、五輪の開催に反対する人が、「もううんざりだよ東京五輪」というハッシュタグを付けて投稿していることに触れ、「このハッシュタグでつぶやいている、ごちゃごちゃうるさいノイジーマイノリティのほうが、うんざり。勝手にやってなさい」とツイート。
「ぼくたちはホスト国として東京オリンピック盛り上げます。まずは今日のソフトボールから!」と宣言した。
このハッシュタグでつぶやいている、ごちゃごちゃうるさいノイジーマイノリティの方が、うんざり。
勝手にやってなさい。
ぼくたちはホスト国として東京オリンピック盛り上げます。
まずは今日のソフトボールから!
#もううんざりだよ東京五輪
茂木健一郎 (@kenichiromogi) July 20, 2021
“ノイジーマイノリティ”とは、「声高な少数派」の意で、多数派ではないものの、声高に主張することで目立ち、印象に残りやすい人たちのこと。それに対し、多数派ながら発言をしない人々が“サイレントマジョリティ”となる。
コロナ禍での五輪開催となったことで、人流の増加などによる感染拡大を懸念する声も根強く上がっている。
茂木氏はツイートを連投し、「このハッシュタグにのって、コロナ対策と五輪があたかも二者択一であるかのようなことを言うひとたちの非論理性と粗雑な思考にいちばん腹が立つ。五輪での人流の変化が、感染に定量的にどの程度影響を与えるのか、『専門家』たちだって誰だって確定的なことは言えない」とつづる。
このハッシュタグにのって、コロナ対策と五輪があたかも二者択一であるかのようなことを言うひとたちの非論理性と粗雑な思考にいちばん腹が立つ。五輪での人流の変化が、感染に定量的にどの程度影響を与えるのか、「専門家」たちだって誰だって確定的なことは言えない。#もううんざりだよ東京五輪
茂木健一郎 (@kenichiromogi) July 20, 2021
続けて「五輪の開催に賛成する人たちが、あたかもコロナ対策や人命を軽視しているかのような、粗雑な決めつけをやっているひとたちははっきり言って最悪。五輪は一つの文化であって、それを非論理的思考で否定する人は、結局、すべての文化の価値をないがしろにしている」と異論を唱えた。
「コロナ対策や、人命重視をいわば『人質』にして、自分たちの主張が正しいと押し付けてくる五輪反対派に、ぼくは絶対に同意しない。君たちのような粗雑な論理構造が、過去、人類の歴史において、さまざまな文化破壊、圧制をもたらしてきた。世界はもっと多様だ。失敬」と締めくくっている。
コロナ対策や、人命重視をいわば「人質」にして、自分たちの主張が正しいと押し付けてくる五輪反対派に、ぼくは絶対に同意しない。君たちのような粗雑な論理構造が、過去、人類の歴史において、さまざまな文化破壊、圧政をもたらしてきた。世界はもっと多様だ。失敬。#もううんざりだよ東京五輪
茂木健一郎 (@kenichiromogi) July 20, 2021
茂木氏の主張に、ユーザーからは「モヤモヤがスッキリした気がする」「未来を担う子供たちに大人の醜い争いを見せるより、どのようなスポーツがあり世界中で活躍する多くの選手たちがいることに注目するべきだ!」「選手は本当に気の毒です。応援します」との賛同も。
その一方で、「もっとまともなコロナ対策が行われていたら、五輪に対する国民の意見も変わっていたと思います」「五輪を行うことにより、他の自粛との整合性が取れなくなる」「確定的なことが言えないなら、東京五輪が安全だとも言えないですよね」といった声も寄せられた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする