一時所在不明のウガンダ人選手 大使館 きょうにも帰国させる方針

大阪・泉佐野市に滞在中に所在がわからなくなったウガンダ選手団の選手について、ウガンダ大使館は、早ければ21日中にも帰国させる方針を明らかにした。
ウガンダ選手団の男性選手、ジュリアス・セチトレコ選手は、「生活が厳しい国に戻らない。日本で仕事をしたい」という趣旨の書き置きを泉佐野市の宿舎に残して、所在がわからなくなり、20日に三重・四日市で警察官に発見された。
その後、東京都内のウガンダ大使館近くの渋谷警察署に滞在していて、21日午後、大使館から関係者を乗せた車が警察署に向かった。
ウガンダ大使館の担当者は21日午前、取材に応じた。
ウガンダ大使館関係者「大使館に連れて来られると聞いたが、まだ待っている。着いたら彼は空港へ向かう」
ウガンダ大使館は、選手が警察署から大使館に到着次第、空港に向かわせるとしていて、早ければ、21日中にも帰国させる方針だという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする