NHK次期朝ドラ、11月1日から=「青天を衝け」は年内終了

NHKは21日、現在放送中の連続テレビ小説「おかえりモネ」は10月29日に全120話で終了し、次の「カムカムエヴリバディ」は11月1日からスタートすると発表した。
連続テレビ小説は通常、前期は9月末に終了し、10月から後期が始まるが、新型コロナウイルス対策の影響で撮影に遅れが生じ、「おかえりモネ」も5月17日に始まった。
また、2月14日に始まった大河ドラマ「青天を衝(つ)け」は12月26日が最終回(全41話)となり、次作「鎌倉殿の13人」は来年1月の開始となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする