常習ユリ泥棒 確保の瞬間 3年連続「ユリしか見えない」

花壇に咲くユリが見頃を迎えるころ、必ずやってくる1人の男。
防犯カメラが、このユリ泥棒の犯行と犯人確保の一部始終をとらえていた。
7月8日、北海道・札幌市。歩道の脇にある花壇の前に自転車にまたがった男が現れ、かごからハサミを取り出したかと思うと、一輪のユリを切り取り、逃走して行った。
手慣れた男の犯行は、わずか10秒。
それもそのはず、ユリ泥棒は3年連続で起きていたのだ。
前回の犯行から8日後、またしてもあの男が自転車にまたがりながら花壇の前に。
ハサミを手にユリを切ったその時。近くで見張っていた被害者男性が駆けつけ、男を確保した。
被害者男性は、男が逃げないようにチェーンで自転車を固定。
男は左右にハンドルを動かし、抵抗する様子を見せていた。
被害者「あなたはユリしか見えないのか?」
犯人「ユリしか見えない」
このあと、男は警察に引き渡された。
被害者男性が、なぜ現場で張り込んでいたかというと…。
被害者「2回下見に来ている。これはもう、一両日中に犯行に来るのではないかということで」
これまでの防犯カメラ映像から、男が犯行前に2回下見をすることを把握していた。
この2回の下見で、男はユリの咲き具合を確認していたという。
被害者「あなたはきのうもここを通って、ユリの取り頃を視察して」
犯人「通ったかもしれないけど、きのうは取っていない」
取材班が現場に訪れると、見頃を迎えるはずだったユリが無残な姿となっていた。
何カ所も、鋭利な刃物のようなもので切られた跡が残されている。
男は、ユリを盗んだ理由について…。
被害者「『きれいだから』と言っていました。罪悪感もなくやられている」
警察は窃盗事件として、男から事情を聴くなど捜査を進めている。
被害者「気持ち的には、怒りよりも本当に悲しいですよね。そういう人がいるということは」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする