NHK、2番組の放送を休止=小山田さんの楽曲使用

NHKは21日、過去のいじめ問題で東京五輪開会式の作曲担当を辞任したミュージシャンの小山田圭吾さん(52)が楽曲を手掛けるEテレの「デザインあ」と「JAPANGLE」の放送を20日から休止したことを明らかにした。再開の時期などは未定。
制作関係者によると、「デザインあ」がスタートした2011年と17年に視聴者から小山田さんに関する問い合わせがあった。小山田さんの所属事務所に事情を聞き、本人が反省している旨の説明があり、番組を継続したという。
今回休止した理由について、正籬聡放送総局長は「東京五輪が多様性を認め合い、共生社会の実現を目指す中で、放送もそういったことを実現していきたいと考え、判断した」と説明した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする