【速報】アイヌ差別的表現は「放送倫理違反」 日本テレビ「スッキリ」でBPOが意見

BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会は、アイヌ民族に対する差別的表現を放送した日本テレビの情報番組について、放送倫理違反があったとする意見を発表した。
日本テレビは、情報番組「スッキリ」の2021年3月の放送で、アイヌ民族の女性を描いたドキュメンタリーを紹介した際、アイヌ民族を傷つける不適切な差別的表現があったとして、おわびしている。
BPOの放送倫理検証委員会は、放送は、アイヌ民族に対する明らかな差別表現を含んだもので、オンエアに至った背景には、収録動画の最終チェック体制が極めて甘く、アイヌ民族やその差別問題に対する基本的知識がスタッフ間で決定的に不足していた点があったと指摘し、放送倫理違反があったと結論づけた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする