「LINEマンガ 2021上半期ランキング」、女性1位は「女神降臨」、男性1位は?

電子コミックサービス「LINEマンガ」を運営するLINE Digital Frontier(東京都新宿区)は、「LINEマンガ 2021上半期ランキングトップ20」(女性編・男性編)を公開した。

女性編1位の「女神降臨」は、実写ドラマが韓国や日本でも放送され話題となった。2位は「再婚承認を要求します」、3位は21年に実写ドラマ化された「理想のオトコ」という結果に。4位は実写映画が21年7月に公開された「ハニーレモンソーダ」、5位は22年1月に菅田将暉主演でドラマ化する「ミステリと言う勿れ」となった。

男性編の1位は「東京卍リベンジャーズ」。21年7月公開の実写映画は公開10日間で110万人を動員し、興行収入は15億円を突破した。2位は昨年アニメ化され人気が増し、21年12月に映画化が予定されている「呪術廻戦」、3位は21年4月に最終回を迎えた「進撃の巨人」だった。進撃の巨人は09年に漫画誌「別冊少年マガジン」で連載を開始。電子書籍を含む単行本の累計発行部数は、世界で1億部を超えているという。

4位は「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」、5位は「あせとせっけん」。男性編1~5位は講談社作品が半数以上を占める結果となった。

「喧嘩独学」と「外見至上主義」が昨年に引き続きランクイン
そのほか、女性編6位の「先輩はおとこのこ」は、AnimeJapan 2021「アニメ化してほしいマンガランキング」で3位に入賞、「次にくるマンガ大賞2021」にもノミネートされている。

また、男性編7位の「喧嘩独学」や13位の「外見至上主義」は昨年から引き続き上位にランクインしている。

公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は、20年のコミック市場(紙と電子合計)が推計6126億円と、1978年の統計開始以来過去最大の市場規模になったと発表。20年はコロナ禍による巣ごもり需要も影響し、前年比23.0%と急成長した。

調査は、連載作品、単行本作品読者数・いいね数・購入数など複数の要素を加味して集計した。期間は21年1月1日~6月30日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする