東京都、20日のコロナ新規感染者は1387人 前週比557人増で年明けの第3波上回る

東京都、20日のコロナ新規感染者は1387人 前週比557人…の画像はこちら >>
東京都福祉保健局が発表した20日16時45分時点の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数(速報値)は、1,387人となった。重症者数は前日から変わらず60人、65歳以上の新規感染者数は前日から9人増加して36人。
検査件数の3日間移動平均(17日~19日)は6,700.7件。また、都外からの検体持ち込みによる陽性者は9人だった。

新規感染者数を検査数の3日間移動平均で割った陽性率も、20.7%と大きく上昇している。
2021年以降の火曜日の推移を見てみると、最も新規感染者数が多かったのは、1月5日の1,315人。当時、「第3波」と呼ばれた爆発的な感染拡大だったが、その状態を72人上回っている。今週の増加幅は557人と激増した。

前日と比較すると660人の増加。前週同曜日を28日連続で上回った。
直近7日間の移動平均は1,180.0人に増加し、2日続けて1,100人台に。対前週比は149.3%と上昇した。

また年代別では、20代が448人と最多。30代が300人、40代が234人と続く。男女別では男性768人に対して女性は619人。東京都の累計感染者数は191,230人となった。
また、この日の死亡者は前日から1人増加して2人。80代と50代、各1人の死亡が報告された。

一方で、インド由来のL452R型変異株(デルタ株)の検出率は791件スクリーニングの結果、317件が報告。40.1%と2日連続で過去最高を更新している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする