【速報・試合結果】決勝は専大松戸―木更津総合に 「昨夏」と同じ顔合わせ 第103回全国高校野球 千葉大会 第12日

第103回全国高校野球選手権千葉大会は20日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで準決勝が行われ、専大松戸と木更津総合が21日の決勝へ進んだ。昨夏の県独自大会と同じ顔合わせとなった。
春の甲子園に出場している専大松戸は八千代松陰を7―2で下した。昨夏の独自大会と秋季県大会を制した木更津総合は、中央学院に12―3で七回コールド勝ちした。
決勝は21日、同球場で午前10時から行う。上限5千人の有観客で実施し、チケットは全席前売り制。専大松戸は6年ぶり2度目、木更津総合は3年ぶり8度目の夏の甲子園出場を目指す。
▽準決勝
専大松戸 7―2 八千代松陰
木更津総合 12―3 中央学院
(七回規定によりコールド)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする