双子パンダ、白い毛も=まぶた閉じるしぐさ―上野動物園

上野動物園(東京都台東区)は20日、先月23日に生まれたジャイアントパンダの雄と雌の双子について、黒い模様がさらに濃くなり、白い毛も伸びてきたと発表した。目はまだ開いていないが、まばたきのようにまぶたをぎゅっと閉じるしぐさを頻繁にするという。
同園によると、体重は雄が835グラム、雌が931グラム。体長はどちらも約28センチで、誕生時の2倍程度になった。
母親シンシンは抱き方が緩くなり、食事の時などには短時間、子どもから離れるようになった。双子の姉のシャンシャンを育てていた時にも見られた行動で、子どもが順調に育ち、安心しているためではないかという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする