昭和天皇実録、誤り7254件=公刊本は157件―宮内庁

宮内庁は20日、昭和天皇の生涯をまとめた「昭和天皇実録」のうち、在位中だった上皇さまと上皇后さまに献上された奉呈本に7254件誤りがあったとして、正誤表を公表した。一般向けにその後出版された公刊本でも157件が確認された。
公刊本の正誤表は、出版元の東京書籍のウェブサイトで21日から公開される。在庫分には正誤表を添付するという。
同庁は2019年3月、奉呈本に誤りが約5000件あったと公表していた。今回は名称や肩書が正式な表記ではなかった部分も誤りと判断するなどしたために増えたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする