韓国の選手用食事に 丸川五輪相「自国の食材持ち込む必要ない」

「自国の食材を持ち込む必要がない」との考えを示した。
丸川五輪相「放射線物質汚染を理由に、自国の食材を持ち込む必要はないと考えている」との考えを示した。
韓国のオリンピック委員会を兼ねる大韓体育会が、選手村の食事に福島県産の食材が使われることから、選手団用の給食センターを設置したことをめぐり、丸川オリンピック・パラリンピック担当相は、「被災地の食材は安全性が確保されている」としたうえで、「引き続き、科学的根拠に基づいた正確な情報を、各国に対し、丁寧に説明していきたい」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする