お盆期間のJR予約 過去2番目の少なさ

お盆期間の新幹線と在来線の予約状況は、過去2番目の少なさとなっている。
JR6社によると、8月6日から17日までのお盆期間の、新幹線と在来線の指定席の予約状況は、2020年と比べると10%増えているものの、コロナ禍のない2019年と比べると、4分の1程度にまで落ち込んでいる。
1995年以降、2020年に次いで、2番目に少ない予約状況。
そんな中でも、予約数が最も多いのは、下りが8月7日、上りが15日となっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする