モデルナ製ワクチン、来年分契約=変異株を想定―田村厚労相

田村憲久厚生労働相は20日、来年分の新型コロナウイルスワクチンとして、米モデルナ社から5000万回(2500万人)分の供給を受ける契約を結んだと発表した。変異株への対応などを目的とした3回目の追加接種を想定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする