職場で女性差別を実感した瞬間 「窓際族の50代男性社員よりも仕事が多いのに私は一般職扱いで給料が低い」

令和になった今でも、日本には男女差別が色濃く残っている職場がある。その証拠に、キャリコネニュースの女性読者からは、「職場で女性差別された経験談」が多く寄せられている。
医療従事者である20代の女性は「現場は女性主体で仕事をしているのに、役職者になれるのは男ばかり」(東京都)とこぼす。
「給料も『男だから』という理由で、仕事が明らかにできない人の方が何万円か高い」
「給料も『男だから』という理由で、仕事が明らかにできない人の方が何万円か高い」
というから、女性が不満を抱くのも無理はない。(文:林加奈)
「営業未経験かつ社会人経験ほぼなしで入社した男性社員は、総合職扱い」
商社で生産管理の仕事をしている30代女性は次のように語る。
「50代後半の窓際族の上司よりも仕事の量が多いにもかかわらず、私は一般職扱いでお茶汲みなどの雑務もあり、給料も低い。営業未経験かつ社会人経験ほぼなしで入社した男性社員は、総合職扱い。これについて説明を求めたが、いまだ納得する回答は得られていない」
「50代後半の窓際族の上司よりも仕事の量が多いにもかかわらず、私は一般職扱いでお茶汲みなどの雑務もあり、給料も低い。営業未経験かつ社会人経験ほぼなしで入社した男性社員は、総合職扱い。これについて説明を求めたが、いまだ納得する回答は得られていない」
その後、女性は納得のいく回答を得られたのだろうか。女性というだけで給料を低くされ、雑用を多くやらされていてはたまったものではない。
理不尽な経験談は、ほかにも寄せられている。別の30代女性は「もっと仕事がしたい」と職場に要望を出したところ、「女性は女性が得意な仕事をすべきだ」と言われた。「女性が得意な仕事」とは何か、具体的な言及はなかったものの、女性は「雑用のことだ」と断言。「女性だから」と仕事を回してもらえなかったわけだ。

プロジェクト未達で降格された女性、上司から「旦那さん稼いでるらしいじゃない」
企画・マーケティング職の30代女性は、入社6年目で女性初の管理職に昇進した。ある時、自社サービスの総合カタログを制作することになり、女性もプロジェクトに関わった。しかし、
「課長だった私は部長や本部長、役員への問い合わせ、意思確認、紹介など、膨大な時間を待ち時間に費やしました。しかし、経営陣や本部長、部長からは明確な返答がなく、カタログ制作を命じた張本人の直属上司に相談するも『ほかの部長に聞こう』の堂々巡りで埒が明かず、当初の目標とした期限までにカタログが刷り上がりませんでした。するとその上司が『俺に恥をかかせた!』と激昂。課長だった私は一気に二階級降格で管理職ではなくなり、月額6万円円もの給料減となりました」
「課長だった私は部長や本部長、役員への問い合わせ、意思確認、紹介など、膨大な時間を待ち時間に費やしました。しかし、経営陣や本部長、部長からは明確な返答がなく、カタログ制作を命じた張本人の直属上司に相談するも『ほかの部長に聞こう』の堂々巡りで埒が明かず、当初の目標とした期限までにカタログが刷り上がりませんでした。するとその上司が『俺に恥をかかせた!』と激昂。課長だった私は一気に二階級降格で管理職ではなくなり、月額6万円円もの給料減となりました」
この会社では「男性の管理職がプロジェクト遅延、数字未達でも許され、降格処分はない」と女性は言う。それどころか「勤続年数5年目などの節目、『嫁が妊娠した』などの理由で、功績がなくても昇格することがある」と憤り、男性社員だけが高待遇な状況に納得いかないようだ。
また、女性は降格を言い渡されたとき、「上司や社長から『旦那さん、結構稼いでるらしいじゃない』と言われました」と振り返り、
「それとこれと何の関係があるのか、まったく意味がわからない。大変失礼な発言」
「それとこれと何の関係があるのか、まったく意味がわからない。大変失礼な発言」
と痛烈に批判した。
※キャリコネニュースでは引き続き「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことのほかあなたの職場のサイコパスやオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする