菅首相、憲法改正訴える 緊急事態条項・自衛隊明記

菅首相は10日、憲法改正推進派の集会にビデオメッセージを寄せ、新型コロナウイルスの感染拡大に触れて、緊急事態条項を設ける憲法改正の必要性を強調した。
菅首相「今般の新型コロナへの対応を受けて、緊急事態への備えに対する関心が高まっている」
菅首相は、「緊急時に国民の命と安全を守るため、国家や国民がどのように国難を乗り越えていくべきかを憲法に位置づけることは、極めて大切な課題だ」と指摘し、憲法に緊急事態条項を設ける必要性を強調した。
また、「新型コロナのワクチン接種などにも懸命に対応する自衛隊を違憲とする声が根強くあるのも事実だ。そのような状態のままでよいのか」と述べ、自衛隊の憲法9条への明記を訴えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする