茂木健一郎氏、朝乃山の引退届提出で私見「一番悪いのは飲みに誘っていた担当記者さん」

脳科学者の茂木健一郎氏が11日、自身のツイッターを更新。大相撲の大関・朝乃山(27)=高砂=が、日本相撲協会が定める新型コロナウイルス対策ガイドラインに違反した問題で、先代師匠の錦島親方(元大関・朝潮)が引責のため、協会を退職する意向であり、朝乃山自身も引退届を出したことについて、私見を述べた。
この日、今回の動きを報じた記事を貼り付けた茂木氏。
「朝乃山関も反省すべき点は反省すべきだと思うけど、一番悪いのは飲みに誘っていた担当記者さん」とつづった上で「将来を考え寛大な処置を」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする