平野啓一郎氏、平井大臣の「脅しておいて」発言に怒り「何なのか、この人たちは?」

芥川賞作家の平野啓一郎氏が11日、自身のツイッターを更新。東京五輪・パラリンピック向けに国が開発したアプリ(オリパラアプリ)の事業費削減をめぐる平井卓也デジタル改革相の発言に怒りをあらわにした。
この日、オリパラアプリの事業費削減をめぐり、今年4月の内閣官房IT総合戦略室の会議で平井氏が同室幹部らに請負先の企業を「脅しておいた方がよい」「徹底的に干す」などと、指示していたことが判明したという記事を貼り付けた平野氏。
「もう自公政権に耐えられない。何なのか、この人たちは?」と疑問を呈すると、「企業も、ここまでされて、この政権から仕事もらわないとやっていけないのか?」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする