初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?

ニトリホールディングス(HD)は6月11日、経営統合したホームセンター大手「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」(さいたま市)をオープンした。ニトリと島忠のほぼ全ての商品を取り扱う大型店舗だが、店内はどのようになっているのだろうか。

同店は、島忠の「ホームズ宮原店」を改装。売り場面積は1階が1809坪、2階は1780坪の合計3589坪で、約6万3820アイテムを取り扱う。同社はニトリホームズを「グループ初の新たなトータルコーディネート店舗」と位置付ける。

1階はホームセンターと、スーパーマーケット、ニトリが展開しているアパレルブランド「N+」が入る。

これまで島忠が取り扱ってきたナショナルブランド(NB)の生活用品や家電はもちろん、ニトリのプライベートブランド(PB)商品も取り扱う。特に人気の高いキッチン・ダイニング用品売り場はニトリと同様の陳列とした。

2階はニトリと島忠の家具のほか、カーテンやラグなどのホームファッションを展開。ニトリと島忠の「融合」を象徴するように、両社が取り扱ってきた家具を使ったコーディネートを紹介する展示も用意した。

島忠の須藤文弘会長は「ニトリの商品は中価格帯以下、島忠が取り扱ってきたNB商品の価格はそれ以上となる。価格帯に幅があることを見ていただきたい」と説明する。

ニトリと島忠で「価格の幅」をアピール
例えば、ソファの価格帯はニトリの商品は15万~20万円だが、島忠では20万~40万となる。幅広い価格帯の商品を示すように、ソファやベッド売り場ではニトリの商品を「ニトリスタジオ」と掲示して展開。その隣には有名ブランドの商品を配置する。

キッチンボードやリビングダイニング売り場では、両店の商品を融合して展示する。お客の好みや予算に合わせて選べるように設計した。

また、有名家具ブランド「カリモク家具」(愛知県東浦町)の商品は、カテゴリーの枠を超え、1つの売り場として展開する。

ニトリHDの似鳥昭雄会長は「本格的な『住生活の総合専門店』が日本で初めて生まれたのではないか。満足することなく、地域の皆さまに愛される店を作っていきたい」と胸を張る。

ニトリホームズのロゴは、ニトリの「グリーン」ではなくホームズで使用してきた「オレンジ」色を採用している。須藤会長は「どっちの色にするか経営統合委員会で論議して、多数決で決まった」と、その背景を明かした。似鳥会長はグリーンを推していたようだが「譲ってもらった」と話す。

ホームズとニトリの”良いとこどり”をした店舗展開
同社は今後の島忠の店舗展開として、社名・商号としての「島忠」は維持するものの、「島忠」名称での出店は予定しない。両店のほぼ全ての商品を取りそろえた「ニトリホームズ」を増やしていく考えを示した。

その理由について須藤会長は、「島忠は20年以上『ホームズ』として展開している。ニトリホームズは、ホームズとニトリの良いとこどりをした店舗として展開してきたい」と話す。また、ニトリが強みとしているPB商品開発のノウハウを活用し、島忠としてもPB商品の開発を進めていく考えだ。近年、大手ホームセンタではPB商品の開発に力を入れている。島忠もその流れに追従していく形だ。

似鳥会長によると、ホームセンターを訪れる約65%は男性である一方、ニトリの来店客の65%は女性客だという。「住生活の総合専門店」とするニトリホームズは、双方の強みを生かした新しいホームセンターとして受け入れられるだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする