北海道と東北で猛暑日に迫る厳しい暑さ あすは湿度が高く体にこたえる暑さに

北海道と東北で猛暑日に迫る厳しい暑さ あすは湿度が高く体にこ…の画像はこちら >>
きょう11日は、北海道や東北、北陸で気温が上昇。北海道美幌町と秋田県横手市では、午後3時までの最高気温が34.6℃と、猛暑日に迫る厳しい暑さに。あす12日は、厳しい暑さは収まるものの、湿度が高く、蒸し暑くなりそう。引き続き、熱中症対策を万全に。
北海道と東北では、猛暑日に迫る暑さに
きょう11日は、高気圧に覆われて、北海道から東海では晴れて、気温がグングン上がりました。午後3時までの最高気温は、秋田県横手市と北海道美幌町で34.6℃、北海道北見市で34.5℃など、猛暑日(最高気温が35℃以上)に迫る厳しい暑さとなりました。北海道から北陸にかけては、今年一番の暑さとなった所が多く、札幌市30.6℃、旭川市31.8℃、富山市30.1℃など、今年初めて真夏日となった所もありました。
あすは湿度が高く、体にこたえる暑さに

あす12日は、気圧の谷や湿った空気の影響で、九州から東海、北陸、北海道で雨が降りやすいでしょう。関東と東北は晴れ間の出る時間があるものの、雲の広がる所が多い見込みです。厳しい暑さは和らぐものの、湿度が高く、体にこたえる暑さとなりそうです。湿度が高いと、体から汗が蒸発しにくく、体に熱がこもりやすくなるため、熱中症の危険度が高まります。通気性の良い素材の服装を選んで、室温を適切に保つなど、引き続き、熱中症に十分注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする