蓮舫氏、台湾の国際会議不参加で提言「政府が関係各国に強く働きかけることを強く求めます」

立憲民主党の蓮舫参院議員が11日、自身のツイッターを更新。中国の圧力などにより、台湾が世界保健機関(WHO)などの国際会議に参加できない現状について、私見を述べた。
この日、「国際的に重要な会議に台湾が参加できないことは国際防疫上、世界的な損失。WHOの年次総会等への台湾の参加実現を求めた参議院の決議案は、総員起立で可決されました」とつづった蓮舫氏。「政府が関係各国に強く働きかけることを強く求めます」と提言していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする