【速報】都庁展望室でワクチン接種 五輪関係者など“1日2500人”

東京都の小池知事は、都庁の展望室にワクチン接種センターを開設し、オリンピックの大会関係者などに、1日あたり2,500人に接種すると明らかにした。
小池都知事「ワクチン接種のスピードを、さらに加速させるということで、全庁を挙げて取り組んでいく」
小池知事は、18日から都庁の北展望室にワクチン接種センターを開設し、IOC(国際オリンピック委員会)から提供されたワクチンを使って、オリンピックの審判や選手村や会場で選手と接する人や医療従事者など、大会関係者などに、1日あたり2,500人に接種することを明らかにした。
また東京都は、都内5会場や職域接種を迅速に進めるため、大規模ワクチン接種等推進本部を設置した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする