景色より目立つ!? 雄大な光景を撮影したのに、愛犬にしか目がいかない

ある日、東京都八丈島にある南原千畳敷を訪れた、ポメラニアンの飼い主(@Pomeranian2015)さん。
八丈富士が噴火した際にできた溶岩台地が広がっており、荒々しく雄大な景色を一望できました。
飼い主さんは、その景色を愛犬とともに撮影したのですが、なんともミスマッチな光景になってしまったとか。
壮大な雰囲気を、無邪気に打ち壊してしまったポメラニアンをご覧ください!
すごく景観が良いのに犬がアヒル持って歩いてるせいで世界観合わない pic.twitter.com/YalcI2dsGw
タレ目なポメラニアンのレイちゃんが、口にアヒルの人形をくわえて満足げ!
かわいらしい表情に目を奪われ、景色を見るのが二の次になってしまいますね。
飼い主さんによると、アヒルの人形は2歳の娘さんが欲しがったため、100円ショップ『キャンドゥ』で購入したとのこと。
南原千畳敷に着いてからは、娘さんとレイちゃんの間でアヒルの人形の奪い合いが勃発。大人げなくも、スピードで勝ったレイちゃんが確保して遊んでいたようです。
嬉しそうなレイちゃんを見て、娘さんも仕方なく思ったのでしょうか。事態が収拾した後、並んで歩く姿も趣があります。
写真は多くの人のツボにはまり、続々とコメントが寄せられました。
・シュールな絵面に笑った。
・メルヘンなポメちゃんが全部を持って行った。
・世界観が合わなくてコラージュみたいですよ!
・めっちゃかわいい。レイちゃんにしか目がいかない。
どんな背景であっても、自分に注目させるとは…。
かわいさに勝るものはないのかもしれませんね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする