「貴賓室」照明消えず 政府専用機遅れた理由

10日夜、G7(主要7カ国)首脳会議に向かう菅首相が搭乗予定だった政府専用機の機材トラブルは、移動中に菅首相が過ごす「貴賓室」の照明が消えなくなってしまったためだったことがわかった。
菅首相の搭乗前に修理が間に合わず、夜間飛行の間、菅首相が休息できなくなることが危惧され、急きょ予備機に変更した。
出発は、およそ1時間半遅れたが、到着の遅れは、20分程度だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする